西表島のカヌー(カヤック)ツアーやトレッキングツアーなどを開催。西表島観光はサニーデイへ!

沖縄県公安委員会認定・優良事業所
西表島サニーデイご予約
西表島サニーデイお問い合わせ
西表島サニーデイ・ホーム
SunnyDayについてのご紹介 西表島カヌー&トレッキングツアーメニュー 西表島カヌーツアー&トレッキングよくある質問 西表島カヌー&トレッキングツアーへご参加の方へ 西表島アクセス 西表島サニーデイ・ブログ

西表島カヌー&トレッキングツアー|サニーデイ ブログ


 少しづつですが再開していきます!2020/06/02


6/1より、サニーデイはツアーガイド業務を再開しました!

 

4月から数えて2ヶ月ほど、安易に外出できない日が続きました。

普段の休日ならば天気の良い日は山へ分け入って、生き物探しに邁進する僕ですが自粛中ではそうもいかず…。

家にこもって漫画・ゲーム・インターネットとインドア生活を送っていたので体は鈍りまくり。この3年で日焼けした肌も、インドア派にふさわしい以前の白さに戻りつつあります。

 

仕事が始まったというのに、いざゲストと山に登ったらガイドが先にバテました、ではシャレにならない。

夏に向けて体力を戻すために、まずは西表ナンバーワンの観光スポット、自粛前は毎日通っていたピナイサーラの滝へ今の様子を見に行きます。

 

とても良い天気ですが、まだ他の人はほとんどいません。

 

 

さすがに間が空いてもカヌーの漕ぎ方は体に染み付いているようで安心しました。

川の中を覗くと、数十頭のクロダイの群れが確認できました。

カヌー通りが少なくなって警戒心が薄れたのでしょうか?

 

 

 

沖縄では「ユウナ」とも呼ばれる、オオハマボウの花。

海岸線などによく生えていて、カヌー中も美しい花で皆を楽しませてくれます。

 

 

実に2ヶ月ぶりのカヌー漕ぎのあと滝上へのルートを登り始めたのですが、「ゼーハー。ゼーハー。」ここまで体力が落ちているとは思いませんでした。

荷物なしならばいつも鼻歌交じりに歩けた道のハズでしたが、どうしても息が上がる。

今日は気温32度とかなり暑いのですが、昨年はこの気温の中を大量の荷物を背負いながら進んでいたのです。

やはり、体が鈍っている…徐々に戻していくしかないですね。

 

 

サキシマキノボリトカゲ。

晴れた日の常連、いつものやつ。

 

 

ヤエヤマセマルハコガメ。天然記念物のこのカメが見られるのはなかなか珍しいです。

やはり気温が高いと生き物もよく姿を現しますね。

 

 

 

這々の態で滝上に到着。

 

 

しばらく人が訪れていなかったため、川底はコケなどで滑りやすくなっています。

より一層注意が必要です。

 

 

 

せっかくなので滝の下も。

このくらい暑ければトレッキングで汗をかいた後に、滝つぼ遊びが最高に気持ち良いんですよ。

 

先月末に記録的な大雨が降ったので林道が崩れていないか心配でしたが、目立ったダメージは見受られませんでした。

滝上・滝つぼ共にトレッキングを再開しても大丈夫ですね。

 

これからコロナの影響がどうなるかはわかりませんが、感染状況を見ながら「3密」にならないよう意識して、皆様が安心して快適に楽しめるカヌーツアーを開催していきたいと思っております。

7月8月9月のご予約も受付中です!まずはお気軽にお問い合わせください。

 

スタッフ 船越

 

 

 


 ツアーガイド業務再開のお知らせ2020/06/01


本日6/1よりツアーガイド業務を再開致します。

休業中は大変ご迷惑をお掛け致しました。これから感染予防・拡散防止に努めながら、皆様に楽しんでいただけるカヌーツアーを提供してまいります。

どうぞ宜しくお願い致します。


 ツアーガイド業務休業延長のお知らせ2020/05/05


新型コロナウィルスの感染拡大防止策として、5/31までツアーガイド業務休業を延長致します。

何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

尚、休業期間はさらに延長する可能性がございます。


 新型コロナウィルスによる休業のお知らせ2020/04/17


新型コロナウィルスの感染拡大防止として、4/17〜5/6までの間、ツアーガイド業務を休業致します。

何卒ご理解の程宜しくお願い致します。尚、期間は延長する可能性があります。


 この魚は?2020/04/02


カヌーの途中、干潟に寄って一休み。

 

 

ミナミコメツキガニ君たちはいつも元気だなー。

なんて観察してると…

 

 

ちっこいのが泳いでる…

なんだこの魚?

 

 

とりあえず捕まえてみた。

危ない生き物かもしれないのに、先に手が出てしまうのは生き物屋の性ですなぁ・・

 

扇状に広がった胸ビレは「ホウボウ」という魚を彷彿とさせますが、ホウボウの特徴である、カニの足のように広がる腹ビレはない。

どちらさま?

ゲストと一緒に首をかしげます。

 

家に帰って調べると「アヤトビウオ」というトビウオの子供みたい。

たしかにトビウオも立派な胸ビレ持ってるけど、子供の頃はこんなにカラフルなんだなー。

銀色のイメージしかなかったよ。

 

 

 

スタッフ 船越


▽ カテゴリー

▽ 過去の記事