西表島のカヌー(カヤック)ツアーやトレッキングツアーなどを開催。西表島観光はサニーデイへ!

西表島サニーデイご予約
西表島サニーデイお問い合わせ
西表島サニーデイ・ホーム
SunnyDayについてのご紹介 西表島カヌー&トレッキングツアーメニュー 西表島カヌーツアー&トレッキングよくある質問 西表島カヌー&トレッキングツアーへご参加の方へ 西表島アクセス 西表島サニーデイ・ブログ

西表島カヌー&トレッキングツアー|サニーデイ ブログ


 サニーデイ西表修行:ピナイサーラ訓練編2018/06/15


6月8日、西表島は晴れ。

 

この日は、カヌー組合に所属するガイドたちが集合して、ピナイサーラの滝での合同救助訓練です。

 

若いガイドの方を中心に心肺蘇生法などの救命法から、実際に自然の中で怪我人を担架で運んだりと、万が一の事故に備えて準備します。

 

今日はその訓練の様子を、ご紹介します。

 

 

まずは救急法の講習会です。

石垣島の消防署から隊員の方が来て、人命救助の手順を教わりました。

 

 

スライドで、基本的なことをおさらい……

 

 

訓練用の人形を使って、心臓マッサージと人工呼吸、AEDの使い方などを復習しました。

 

上級救命士や、水難救助員の資格を取るために何度も講習会を重ねていたので、救助の手順はばっちり。

皆で心肺蘇生法の再確認を行います。

 

自動車免許を取る際に習った、という方も多いと思いますが、ほとんどうろ覚えですよね……

ガイドがうろ覚えでは困るので、サニーデイでは年に数回ほど講習を受けて事故の際にスムーズに動けるように練習をしています。

 

 

 

午後は実践練習です。

メインフィールドであるピナイサーラの滝で、人が倒れたという設定で訓練を行います。

まずは滝へ向かうところからスタート。

 

 

 

といっても、数十人のガイドたちが一斉にカヌーを使うと混雑してしまうので、数人はカヌー、その他はトレッキングで向かいます。

 

 

ピナイサーラに到着!

 

 

滝壺で休憩するガイドの皆さん。

 

休憩もそこそこに、今度は滝の上へと向かいます。

普段ゲストと一緒にツアーで通る道を使用すると、滝壺から滝の上までは1時間ほどかかります。

ですがこの日は、滝の上から怪我人を急いで降ろす、という訓練なので普段は使わない近道を利用して、15分ほどで登ります。

 

 

 

時間は短くなりますが、55mの高さを一気に登るため、かなりの急勾配となります。

この道は、とてもゲストを連れては登れません……

 

この訓練は、今年初めて西表島でガイドデビューした新人さんが多く参加するため、皆大変そうです。

 

それでもなんとかピナイサーラの上に到着!

 

ガイド集合で、パシャ!

 

 

 

滝の上へきた目的は道の確認だけなので、写真だけ撮ったらすぐ滝壺へ戻ります。

本番はここから。

 

滝壺から救急車の待つ駐車場まで、人力で怪我人を運ぶ訓練です。

このストレッチャーに、怪我人に見立てた60㎏の水を乗せて運びます。

 

 

持って歩けないところは、バケツリレーの要領で。

普段なら15分ほどで下る道のりですが、ストレッチャーを運びながらだと30分近くかかってしまいました。

 

係留所に着いたら、ひとまずゴール。

ここからはカヌー組の出番。ストレッチャーをカヌーに乗せて、駐車場まで引っ張っていきます。

トレッキング組は、歩いて下山します。

 

 

駐車場では、地元の青年団の方が運転する救急車が待っています。

最後に、怪我人を救急車に乗せて……

 

 

訓練は終了です。

 

 

お疲れ様でした!!

 

 

カヌー組合ではこのように毎年、万が一の事故に備えて訓練を行っています。

 

山での事故は、すぐに救助隊が駆けつけることが難しいので、とても危険です。

皆さんも、山での事故には十分気を付けましょう!

 

 

 

 

乾杯!!!

 

スタッフ 船越


▽ カテゴリー

▽ 過去の記事