西表島のカヌー(カヤック)ツアーやトレッキングツアーなどを開催。西表島観光はサニーデイへ!

西表島サニーデイご予約
西表島サニーデイお問い合わせ
西表島サニーデイ・ホーム
SunnyDayについてのご紹介 西表島カヌー&トレッキングツアーメニュー 西表島カヌーツアー&トレッキングよくある質問 西表島カヌー&トレッキングツアーへご参加の方へ 西表島アクセス 西表島サニーデイ・ブログ

西表島カヌー&トレッキングツアー|サニーデイ ブログ


 レンタカーで行ける、のんびり絶景ドライブ2018/06/01


5月31日の西表島は晴れ。

6月からは天気の崩れる日が続く予報となっていたので、晴れている今日がチャンスとばかりに外へ。

 

島を巡り、レンタカーで回れる絶景&楽しいスポットを巡ってきたので、ご紹介します。

 

カヌーやトレッキングなどアクティブに体を動かすのもいいですが、一休みしてレンタカーでのんびりドライブはいかが?

 

出発は西表島の西部、上原港から車で20分ほどの浦内川へ。

浦内川は沖縄県内で最長の川で、川でありながら満潮時には海水が遡上します。

 

海の魚が泳いでいることも多く、過去にはホホジロザメが目撃されたこともあります。

 

川にかかる橋を渡っていくと、展望台が見えてきます。

 

この展望台からは、浦内流域に広がるマングローブが一望できます。

 

西表島には7種類のマングローブ植物が生息しているとされ、国内でこの全種類がそろっているのは西表島だけとされています。

 

もちろんそのマングローブたちもこの浦内川周辺に勢ぞろいしています。

 

さすがに遠すぎて展望台からでは見分けがつきませんが……笑

 

 

ではこの場所をスタートとして、東部の大原集落への唯一の道、県道215号線を南東へ進んでいきましょう。

 

ちなみにこの道も、全長53kmと沖縄県最長ですよ〜。

 

次の目的地は、観光地として島の外でも有名な「星砂の浜」。

 

県道から少し入り、住吉という集落を進んだ先にあります。

 

 

車を止め坂を下ると、視界が開けて、白い砂浜と青い海が広がっています。

 

昔はこの砂の全てが星砂だった、という噂もありますが、今はそれほど多くはありません。それでもかなりの数の星砂を見ることができます。

砂浜に手のひらをグッと押し付けて、手にくっついた砂を目を凝らして確認してみましょう。一回で多い時は10粒以上も付いていることもありますよ。

 

星の砂は名前に砂とありますが、通常の砂とは異なります。実は「有孔虫」という生き物の殻で、もとは生き物でした。

 

その生き物の死後、硬い殻だけが残り、砂浜に打ち上げられたものなのです。

 

 

 

 

県道に戻り、東へ進むこと20分……

 

海中道路」に到着しました!

 

 

海の真ん中を貫くように作られた道路で、名前通り海の中を走っているような感覚になります。

 

金のヤマネコ像が目印!

 

この時期は雨が少なく、この日はかなりうっす〜〜らとでしたが、沖縄県最大の滝ピナイサーラを見ることもできます。

 

写真中央やや左の白い流れ。わかりますか……?

 

夏本番になれば雨も増えるので、もっとはっきりと見えます!

 

ここからは、西表島らしく緑のジャングルの中を進んでいく道路となります。建物はほぼ存在せず、信号も全くない道が10キロ以上続きます。

 

渋滞も信号もないのでついスピードが出てしまいますが、イリオモテヤマネコの交通事故を減らすため、島内の全区間で制限速度が40キロとなっていますので注意して走行してくださいね。

 

 

ご協力お願いします。

 

 

海中道路を過ぎるとしばらくは森の中が続きます。

 

そんな中、ちょっと開けた橋の上にでました。

 

 

そんなところでは、ぜひ海側の眺めてみてください!

 

 

 

山の上からから海を一望できます!

 

右側遠くに見えるのが石垣島、左にある黒い塊は昔に座礁してしまった船です。

 

 

まだまだ絶景ポイントは続きます。

 

駐車スペースと展望台、そしてなにより人が集まっていたら要チェック。絶景スポットの証です!

 

この展望台からは、八重山諸島を形成する島の8個のうち、波照間島と鳩間島以外の5つを見ることができます。

 

 

 

左のうっすら遠くに見えるのが石垣島。その手前、小さく平らにあるのが竹富島

 

 

小浜島。朝ドラ「ちゅらさん」の舞台となった島で、西表島からの距離が近いのではっきりと見ることができます。

 

]

 

左から石垣、竹富、小浜。

 

この日は天気が良かったので、滅多に見ることができない、黒島新城島も見ることができました!

とても遠くにある島で、標高も低いのではっきりとは写りませんが……

 

 

水平線の果てまで広がる青い海と、その中に浮かぶ多くの島々は一見する価値あり!

ぜひ一度、自分の目で確かめてみてください!

 

 

 

最後は由布島です。

 

いわずと知れた西表の観光名所で、知名度もナンバーワン!

 

由布島の水牛車観光を目当てに、石垣島からフェリーで渡って来る方も多いです。

 

この日も多くの水牛が、これから訪れるお客さんを運ぶためにスタンバイしていました。

 

水牛に揺られて、由布島へ。

 

 

 

あれが由布島。干潮時は干潟になるので、歩いて渡ることもできますよ。

 

水牛車の待ち時間の間は、ぜひかわいい水牛をじっくり観察してみてください。

 

 

こんなにリラックスした水牛が見られるかもしれませんよ〜。

 

 

 

今回ご紹介したポイント、島を半周ほど走る形となるので、全て回ると3時間ほど必要となります。

それぞれ島の西部〜東部の範囲に広く絶景ポイントがありますので、空いたスキマ時間にふらっと立ち寄るのもアリ。

気になった方は、ぜひ西表を訪ねてみてください。

みたことのない絶景が、待ってますよ〜。

 

スタッフ 船越


▽ カテゴリー

▽ 過去の記事