西表島のカヌー(カヤック)ツアーやトレッキングツアーなどを開催。西表島観光はサニーデイへ!

西表島サニーデイご予約
西表島サニーデイお問い合わせ
西表島サニーデイ・ホーム
SunnyDayについてのご紹介 西表島カヌー&トレッキングツアーメニュー 西表島カヌーツアー&トレッキングよくある質問 西表島カヌー&トレッキングツアーへご参加の方へ 西表島アクセス 西表島サニーデイ・ブログ

西表島カヌー&トレッキングツアー|サニーデイ ブログ


 2年2013/03/11


2年前の今日、ボクはツアーで卒業旅行の学生さん達をガイドしていた ランチ後由布島へ案内して水牛車に乗せた直後の出来事だった 地震発生直後、西表の様子はいたって静かで マングローブも滝もジャングルも変わりなかったと、その時森に入っていたガイド仲間に聞く こんなのどかな島なのに西部東部の駐在さんがパトカーで何度も往来 空には数機のヘリが八重山を激しく飛んでいた ボクは由布島・美原の島内放送を聞いて、それを初めて知った 岐阜の実家へ電話、繋がった 祖母がTVで見た津波の惨状を教えてくれた ゲストの学生さん達はその日に石垣まで帰らなければならなかった 石垣八重山への津波到達予告は18:00頃とのこと その時の時刻が14:30過ぎ 「まだフェリーは運行している。いつ止まるか分からない。今すぐ港へ走り乗って帰ってもらうしかない。・・いや、18:00到達とは本当なのか?もっと早くに到達したら・・、船上で津波に会うかもしれない・・、情報は本当なのか、信じていいのか・・、どうしたら・・・」 由布島で考えた ・・結果、フェリー会社に電話をして情報を得、それを信じ学生さん達をフェリーに乗せた 確か最終便を待たずして全便欠航になった。 こちらへの津波は非常に小さく被害はなし ただ聞けば、翌日のマングローブにまで極々小さな波が定期的に遡上していたという ・・あれから毎日、色んなリスクを考えます いつ何が起こるか分からない時を ただただ意識し努めて、日々。

▽ カテゴリー

▽ 過去の記事